栄養コラム131【ダイエットのカギは朝ごはん】

朝食は食べますか??



厚生労働省の平成27年国民健康・栄養調査では
20歳代の4人に1人が朝食を食べていない
と報告されています。




ダイエットの指導をする際

【まず朝ごはんを食べる】ようお伝えします!





朝ごはんは一日のエネルギーになる!といわれ、

朝ごはんで食べたものは
その日のうちに消費されやすいので
しっかり食べましょう!!!

といった話もあるかともいますが




朝ごはんを食べることで
余計な体脂肪増加を予防できることが
研究で証明されています。





研究では、ラットに高脂肪食を「朝与えるグループ」と
「4時間遅らせて食べ始めさせるグループ(朝食欠食グループ)」を比較しました。

そうしたとこ、摂取量に変化はないものの
朝食欠食群は体重が増加しました。



これは体脂肪が増加したためでした。




このとき、肝臓の時計遺伝子や
脂質合成系遺伝子が遅れていることが発見され

また、朝食欠食群では、
活動期の体温が増加する期間が短くなってしまいました。


この研究で、朝食欠食は肝臓時計と体温時計の異常が生じるために
体重増加が起こることを初めて明らかにしました。




つまり、朝ごはんを食べないということは

■体内の時計遺伝子を狂わせる

■体温が上がるのが遅れる

■結果的に体脂肪が増加するリスクが上がる

ということとなります。



健康診断結果が思わしくないお父さん

最近太ってきたのが気になるお母さん

勉強の集中力を上げたいお子さん


まず、おにぎり1個からでも家族で朝食習慣を☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました