栄養コラム117【持久力UPにはあの野菜!! 】

持久力UPを試みるとき

練習内容の見直しや

トレーニングのレベルを引き上げるなどを

検討されると思います。







体をつくっていく食事の面からも

お手伝いできることをお伝えしたいと思います^^






持久力には、その名の通り

持続するエネルギー生産が必要です。





そのエネルギー生産をしてくれるのが

私たちの細胞1つ1つの中に共存しています

ミトコンドリアです☆






持久力に関わらず

体を動かすエネルギーをつくってくれている

いわばエネルギー工場がミトコンドリアなのです。




ミトコンドリアは元々

別の生き物がお互いの利益のために

共存するようになったといわれている生物です。






私たちがミトコンドリアへ

呼吸や食事により【酸素と糖】を

細胞内に送ることで

↓↓↓

ミトコンドリアは

エネルギーである【ATPと水、二酸化炭素】を排出します。





ここでエネルギーATPが生産されることで

私たちは効率よくエネルギーが生み出せ

活動できているのです。





体内の血糖値が6時間ほど一定に保たれているのも

このエネルギーを作り出す

ミトコンドリアのための燃料とするためなのです。




食べたものをすぐ処理→排出してしまっては

食べ続けないと動けない体になってしまいます。





肝臓や筋肉、脂肪で糖を貯蔵することで

ミトコンドリアに燃料を渡すことができ

エネルギーを生み出し続けてもらうことができるのです(#^^#)




体の仕組みって誰が考えたんでしょう!?

ここまで精密に計算されているとか凄すぎます( ̄▽ ̄)





そして本題です!!!

エネルギー生産工場であるミトコンドリアですが

持久力UPには、この工場がたくさんあったらいいな♪

って思いません??笑




・・・そうなんです!!



ミトコンドリアを増やすことで

エネルギー生産を増やせますし

ミトコンドリアは増やせます( ´艸`)♪




そのカギとなる食材が・・・

【玉ねぎ】です☆




身近な食材でいいなんて有難い限り☆(∩´∀`)∩ワーイ



どのくらい食べたらいいかですが、

一日に、体重1kgにつき0.22gほどです。



体重50kgの人でしたら

なんと11gでOK!



たんぱく質などより現実的ですね( ´艸`)



3ヶ月以上は続けていただけると

変化を感じられるのではないかと思います。



また、マラソン大会や大事な試合の2週間前くらいから

食事の脂質量を増やす(エネルギー比:32%)と

ミトコンドリアが持久エネルギーを生み出します。






これらの食事法は、

見合った運動やトレーニングをしていることで

効果を実感しやすいと思います。




ぜひトレーニングとともに

せっかく摂る食事も見直されてみてください!(^^)!


===========================


今日は玉ねぎの皮のおはなしを。



以前、公民館の職員をしていたときに

染物教室を企画しました。



玉ねぎの皮を使って

トートバッグを綺麗な黄色に染めるというもので

教室の数週間前から玉ねぎの皮集めをしました。



地域の方のご協力もあり

玉ねぎの皮は順調にあつまったのですが・・・


集まるとにおいがすごい!!!


しかも、そのにおいにゴキブリが寄ってくる

という話まで!!!!!

地域のおじいちゃんおばあちゃんに聞きました(´;ω;`)


ホウ酸団子など諸々対処をし

ゴキブリに対面することはなかったのですが

あの時はさすがに冷や冷やしましたm(__)m



玉ねぎは常温で大丈夫だから!と

キッチンの端に何気なく置いているご家庭は

ゴキブリ要注意ですよ><

コメント

タイトルとURLをコピーしました