栄養コラム105【注目のギルトフリーでダイエット中のおやつも怖くない!?】

コンビニやスーパーでも見かけるようになった

ヘルシー志向の食品たち^^




「糖質ゼロ」や「無脂肪」の表記が増え

テレビCMでも流れるようになりました。




それだけダイエットしたい人や

健康を意識する方が増えたのかもしれません。







ダイエットでよくある

『我慢も多くて嫌になる!!!』

『ダイエット中なのに甘い物食べちゃった><』


というストレスや罪悪感・・・m(__)m





それらを軽減してくれるとして

注目されているのが

”ギルトフリー”なスイーツです☆








ギルト=罪悪感

フリー=ない


つまり罪悪感がなく食べられるもののことを指します。





「罪悪感」を感じる食べ物は

ぶっちゃけ人によってそれぞれです。





例えば、ダイエット中ならカロリーが高いもの。

糖質制限をしている人にとっては、高糖質のもの


・・・と、状況によって変わります。




<ギルトフリーの代表例>

  • 無添加のドライフルーツやナッツ
  • 動物性たんぱく質(バターや卵)、白砂糖を使用していない
  • グルテンフリー
  • 人工着色料、香料、保存料などの添加物、化学調味料を使用していない
  • マーガリン、ショートニングなどのトランス脂肪酸を使用していない





上記のものがギルトフリーとして

取り上げられていることが多いです。





さらに具体的には・・・

★オーストラリア発祥のブリスボール

原料はナッツとドライフルーツが主原料。
砂糖なし、小麦なし(グルテンフリー)、
添加物なしとしてギルトフリーとされています。


★干し柿、干し芋

日本を代表するドライフルーツ!?
自然の甘味や栄養素が干すことで凝縮されていることから
ギルトフリーとして紹介されることも。


★オイコス

コンビニやスーパーでも手軽に購入できる
おすすめのギルトフリーのスイーツです。
プレーンのオイコスは砂糖不使用で脂質もゼロ!
まさにギルトフリースイーツです。


★高カカオ(70%以上)チョコレート

砂糖よりカカオの多い高カカオチョコレートや
ビーントゥバーで製法からこだわっているチョコレートは
ポリフェノールが多く人気が高いギルトフリースイーツ☆


★マクロビ派ビスケット

白砂糖・動物性たんぱく完全不使用の一品。
自然派にはうれしいスイーツです。


★SUNAOアイス

一般的なアイスが100mlで180kcalのところ
SUNAOは80kcalと半分ほどのカロリーなのがうれしいところ♪
豆乳やとうもろこし由来の食物繊維と材料にもこだわっています。





様々な技術が発達し

糖質ゼロや無脂肪でも美味しいスイーツがいただける

ようになったことは有難いですね♪(#^^#)




しかし、いくらギルトフリーといっても

毎日食べていたら

もちろんダイエットできるとは言えません(^^;





ちなみにナッツはカテ5(脂質)、

ドライフルーツはカテ6(嗜好品)ですので

健康には良さそうですが

ダイエットではやはり基本的にはなくてもいいです(笑)




逆にたまに食べるご褒美だったら

普通に食べたいものを食べたい!!

それはそれでもいいと思います。





女性は特に1ヶ月でもホルモンバランスが変わりますし

それによって食欲も変動します。


それを言い訳にはできませんが

そのときだけ!と決めて美味しくいただくのもアリですね^^





誰かと一緒のときに食べるスイーツとして

選ぶのもオススメです♪






あくまでポイントは、

『罪悪感なく美味しく♪』です(∩´∀`)∩





=============================


これも言い訳かもしれませんが・・・


ストレス太りもありますので

イライラするくらいであれば

周りの人のためにも食べるのもいいかもしれません(笑)



ストイックにしすぎて

過食に走った経験がある身からしますと

スイーツも人生を豊かにする上では

大事な一つのアイテムです☆



一生なし!なんて

スイーツが嫌いな人でないと無理っ!!笑



月1の楽しみ、週1の楽しみ、

出かけ先での楽しみなど

開き直って楽しむことも大事だと学んだSAORIでした~(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました