栄養コラム104【精霊馬~ナス&きゅうりの片付け方~ 】

お盆のお供え物として

【精霊馬(しょうりゅうま)】を飾っているお家も

あるのではないでしょうか???




かなり地域によって風習が異なりますので

そもそも供えていないところもあれば

形が異なる地域もあります。




供える期間が13~15日だけでなく前後3日間もなど

異なるお家も多いようです。






<なぜ精霊馬を供えるのか?>

おさらいしておきますと・・・


お盆は亡くなったご先祖様が

帰ってくる日であるとされます。



お盆のはじめにいらっしゃるご先祖様のおもてなしとして

お供えするようになったといわれています。




ナスときゅうりは

時期的にもどこでも手に入りやすいために

ナスときゅうりが多いようですが

特産を活かした違う地域もあります。




ナス   →→→ 牛

きゅうり →→→ 馬


を、それぞれ表しています。




きゅうりである

ご先祖様が早く帰って来れるように


でゆっくりあの世に戻れるように

願いが込められています。







<精霊馬の片付け方>


ナスときゅうりなので

『あとで漬物にでもすればいいわ~』

って考えたくなるところですが


食べるのは基本NGとされています。


他のお供え物(お菓子やくだもの)は

食べてもOKです!


具体的な片付け方としては・・・

①土に埋める

②塩で清め半紙に包んで捨てる

③お焚き上げをする



上記の中から、選んでいただくと良いです。



精霊馬はご先祖様の乗り物でしたので

最後まで大切に扱います。



もうご先祖様が帰って来られていると思いますので

ご家庭の風習を優先されて

ご先祖様を最後までしっかりお見送りされてください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました