栄養コラム99【*番外編*家族の栄養を守る~猫にドッグフードを与えてはいけない!?~ 】

今日は番外編!!

一緒に暮らしている方もいらっしゃるでしょう

ワンちゃんと猫ちゃんの食事について

見ていきたいと思います^^





いきなりですが・・・


食べることは生きることです。





家にいるワンちゃん、猫ちゃんの食事管理していくことも

そのお家の方の責任でもあります。





そして、ワンちゃん猫ちゃんは

人間とは必要な栄養素や量が異なってきます。






そもそも、体のつくりが違いますので

比較し、理由を知っておくことで

食事の管理もしやすくなります^^









【猫にドッグフードをあげてはいけない理由】


市販のドッグフードとキャットフードを比べたとき

ドッグフードの方が幾分安いことが多いと思います。






しかし、安いからといって

猫ちゃんにドッグフードを与えるのはNGです!






なぜドッグフードの方が安いのかを考えてみると・・・



それだけ需要があるから?

犬の方が何あげても体が丈夫そうだから?

大量生産できるから?







色々と浮かんできますが

実際は、価格の差は入っている栄養の差でもあります!!







キャットフードの方がドッグフードより

栄養価が高くつくられているのです。








では、なぜキャットフードの方が

栄養価が高く設定されているのか?
ですが、、、






猫ちゃんは、自力で生成できない栄養成分が多いからなのです(^^;





つまり、食べることでしか必要な栄養が補給できないのです。





だからこそ、栄養が高く設定され

(少しその分、金額が上がりますが)

猫ちゃんの健康を守るようにつくられているのです。




具体的にどういった栄養成分かといいますと・・・


↓↓↓↓↓↓


タウリン

タウリンは、猫ちゃんが体内生成できないものとして

よく名前があがる有名どころです。

タウリンが不足すると、

目・心臓・肝臓を中心に病気にかかる可能性があります。


ワンちゃんは少しながら合成できるそうです。





ナイアシン

たんぱく質や炭水化物、脂質の代謝に必要なナイアシンですが

猫ちゃんはほとんど合成できません。

こちらもワンちゃんは微量ながら合成できます。





ビタミンA

皮膚や毛並み、妊娠に大きく関わる栄養素です。

視力にも関係してきます。

ワンちゃんは問題なく合成できる成分です。






他にも、ドッグフードにも入ってはいますが

キャットフードの方が多く入っている栄養素として

「たんぱく質」や「上記以外のビタミン類」があります。






もう想像つくと思いますが、

猫ちゃんにドッグフードをあげ続けると

猫ちゃんは栄養不足に陥り病気の可能性も出てきます。



逆に、キャットフードをワンちゃんにあげ続けると

ワンちゃんは栄養過多により

肝臓、腎臓を中心に大きな負荷がかかります。




ちゃんと食事がわかれていることには

こうした意味があるのです。





1~2度の代用はそんなに大きなダメージにはならないかもしれませんが

いつも違う食事をあげ続ける

というのはリスクがありますので

それぞれの特性に合ったものを選ぶようにしましょう☆








〇おまけ〇


Q1,昔あげていた『猫まんま』はあげてはいけないの?


結論からいいますと、もちろんNOです(^^;

猫まんまは、白ごはんに

味噌汁をぶっかけたごはんのことですよね!?


味噌汁は塩分が高い料理の一つです。


猫は汗がかけず塩分の排出が上手ではないため

腎臓に大きな負担がかかってしまいます。


味噌汁は人間でも塩分を摂りすぎる原因になりかねないので

猫ちゃんにとっては脅威ですね><






Q2,野良猫は栄養不足にならないの?


キャットフードを食べない野良猫は

栄養不足にならないのか、という疑問ですが

猫はそもそも【真性肉食動物】という動物です^^


つまり、お肉を食べることで生きていける動物です。


お肉も切り身などではなく、

狩猟して得た丸ごと一匹を内臓も含め食すことで

栄養を得てきました。



ねずみや小鳥、魚を捕ることで

生きていけたのです。



ですので、人間が中途半端に

肉や魚の断片(切り身)などをあげるより

よっぽど栄養にみちているといえます。






わんちゃんや猫ちゃんも

一緒に暮らすかけがえのない家族だと

感じている方も多いのではないでしょうか。





お子様や愛するパートナー同様

その大事な家族の栄養も気にかけてみることで

少しでも長生きできるよう

努めることもできるかもしれませんね☆^^



===============================


SAORI宅も一時期、猫ちゃんがいました!


名前はチャイ。


緑色の瞳がキレイなキジトラ柄のメス猫でした。


チャイは、妹の友人が保護した保護猫で

病気のリスクをもっていたので

他の猫と一緒にできず

すでに猫がいる友人宅では飼えないということで

うちに来ました^^


最初からすごく人懐っこくて

ひざの上に乗りたがる甘えん坊でした。


チャイがうちにきてから2年ほど経ったとき

よく世話をしていた妹が県外へ行くことが決まりました。


それを感じ取ったのか、チャイは

妹が県外へ引っ越すまでの間に衰弱し

息を引き取りました。


チャイは敏感に変化を感じ取ったのかもしれません。


とても悲しく、とても不思議な出来事でした。


そこからは何も飼っていません(^^;


ちなみに、チャイの前には

フェレットが3匹いました。


あまり被ってはいませんが

キラ♀、レオ♂、ゆきえ♀です。


女の子の方が大胆不敵な行動派☆

男の子のレオくんは内弁慶でした(笑)



今は家を空けることが多いので

飼うことはできませんが

またいつかご縁があれば一緒に暮らしたいですね(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました