栄養コラム59【先に野菜を食べるなら種類はなんでもいい?】

ダイエットを決意されたお客様を目の前にし

ダイエットのための食事をお話をする際に

「野菜から食べましょう☆」

と、まずお伝えしています。








今日はそこから一歩突っ込んで

お話していこうと思います^^




『先に食べるその野菜はなんでもいいのか?』




という点についてです☆













先に結論を申し上げますと


結論としては・・・

「食べないより何でもいいから食べた方がいい」です( ´艸`)











せっかくテーマとして取り上げたのに

あっさりと答えが出ちゃいましたね(笑)








いざダイエットをしよう!と決意した時!!

最初に『あれがダメ』『これがダメ』といわれてしまうと

やる気がなくなりませんか???







また、最初に細かく説明されても

ハードルが高い気がして

取り組みにくいですよね><








ですので、とりあえずなんでもいいから

野菜を食べるように習慣づけるところから

はじめていただきたいのです^^









そして次に!

野菜の種類にも目を向けていただきたいです!







まず、【いも類、かぼちゃ、とうもろこし、果物】

糖質も多いので先に食べるには向いていません。






実際、これらを主食としている国もありますし

祖先が果物を主食としていたことは

以前お話しましたね☆







糖分が多く、エネルギーとなりやすい分

たくさん食べると脂肪として蓄えられます。







ここで<野菜を先に食べるメリット>を

おさらいしておきましょう!







<野菜を先に食べるメリット>


◆野菜を必ず摂取することを習慣づける

◆食物繊維を摂って血糖値の上がり方をゆるやかにする

◆コレステロールのや塩分の吸収を抑え、排出をスムーズにする

◆糖質脂質の過剰摂取を防ぐ





血糖値の急激な上昇を防ぐために

炭水化物(糖質)よりも野菜を先に食べる必要がありますので

【いも類、かぼちゃ、とうもろこし、果物】

後に回した方がいいものですね^^








では【先に食べるものとしてオススメな野菜】ですが

水溶性食物繊維を多く含む野菜がオススメです!




例えば、、、

ほうれん草やキャベツ、ごぼう、ピーマン、トマト、

にんじん、大根、セロリ等
 です^^



これらの食べ方は、サラダでも温野菜でもOK!




ちなみに 野菜の摂取量の目安は

1日 350g

小鉢1つで約70g程度ですので

毎食サラダと小鉢一つ、もしくは野菜を入れたスープなど

取り入れていきたいところです(^^;






外出先での食事で

サラダなどを摂ることが難しい場合は

【野菜ジュース】を食前に摂っておけると良いです♪




野菜ジュースは果物が入っているものが多いため

食前の野菜がわりは1日1本まで

糖質オフや野菜のみのものがあれば

もちろんそちらがオススメです^^





兎にも角にもまずは

野菜を食べる習慣から身につけていきましょう(∩´∀`)∩

コメント

タイトルとURLをコピーしました