栄養コラム37【イベントを言い訳にしない調整ごはん~チートデイとの違い~】

メリークリスマス!!

皆さんのお家にはサンタさん来ますか???

それとも皆さんがサンタさんですか???


わたくしSAORIは毎年恒例

母と友人へサンタさんになってきます(^0^)/




ほんっと12月イベント目白押しですね☆


『非日常のイベントは我慢して行かない』のか


『もう太る気覚悟で楽しんじゃう』のか



通年ダイエットで悩んでいる方は

このイベントとの付き合い方で

結局挫折してしまうこともありませんか?



『もうあんだけ食べちゃったし、もういいや・・・』



それって完璧主義の方に多い気がします(^^;

結構極端に考えていませんか?



『食べたからダメ』


『ルーティーンの運動ができなかったから終わり』



わたくしSAORIも【0 or 100】で

考え行動する癖があり

運動ができない自分

ルールが守れない自分

たべちゃう自分 を責めまくってました。


そして結果がでないことにさらにイライラ・・・><




そういうときに、何か変わるかって

ただ自分が嫌いになるだけで

プラスにはなりませんでした。




イベント時の調整方法をお伝えする前に

まず『そんな日もあって良いということ』



そして、ルーティーンができないからダメ

たべちゃった自分ダメではなくて

『調整できたらこれから何があっても無敵☆』

そう思えるマインド設定がまず大切であることを

経験からお伝えいたします^^



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


”チートデイ”ご存知でしょうか?

トレーニングをしている方は

耳にしたことがあるかもしれませんね!



この後お伝えする調整方法については

チートデイとは多少異なります。


まずチートデイがどういうものなのか

改めてみていきましょう☆


チートデイとは”だます日”という意味です。


ダイエット・減量中に停滞期を迎えた際の

解決方法の一つです。


ダイエット中のストレスを軽減するためではなく

減量によって”飢餓”と勘違いした体への刺激として用います。



チートデイにはいくつか<お約束>があります。


1、減量中の停滞期に行う

2、行うのは1日だけ

3、減量前の体重から5%以上減っていない場合や

体脂肪が25%以上の場合は控える

ちなみに<体脂肪からみた目安>を載せておきます

20%前後 → 2週間に1日

15%前後 → 10に1日

10%前後 → 1週間に1日

7%以下 → 4日に1日


4、基礎代謝の3倍を目標にしっかり食べる

5、楽しく食べる


以上がチートデイのお約束です!

いま自分が行うべきなのか迷った際には

みてもらっているトレーナーにご相談ください^^








では、本題のイベント時の調整方法についてです!


まず1週間単位で調整スケジュールをたてます☆



例えば、、、(金)がイベントの場合


月曜日 → 朝・昼ごはん100g
・    ※夜は野菜&たんぱく質(&脂質)中心

火曜日 → 朝・昼ごはん50g
・    ※夜は野菜&たんぱく質(&脂質)中心

水曜日 → 朝・昼ごはん50g
・    ※夜は野菜&たんぱく質(&脂質)中心

木曜日 → 朝・昼・夜ごはん50g

金曜日 → イベントの日<楽しむ日>

土曜日 → 朝・昼ごはん50g
・※夜は野菜&たんぱく質(&脂質)中心

日曜日 → 朝・昼・夜ごはん50g



調整は主に糖質(炭水化物)で行います。


トレーニングをしていない方、

食事からのダイエットをしたい方でも応用できます。






しかし、妊娠中の方、授乳中の方は

大切な時期ですので無理をされず

毎食、小茶碗1杯以上のごはんを食べるようにしましょう☆






毎回筋肉痛になるようなハードなトレーニングを

おこなっている方は上記以上に糖質の量を増やします。

(具体的な糖質量については要カウンセリング)






また、旅行などで2~3日間がっつり楽しみたい場合は

そのあと2~3日間(旅行で自由にした日数)は

糖質0または糖質1食の日を設けて調整します。






イベントの楽しむ日は、原則何を食べてもOKです!

ただし、腹八分目を心がけること☆

もちろんアルコールもOKです!!






いきなり糖質を全くとらない日を迎える!となると

体の拒否反応も大きくなりますので

前日や前々日から準備します。

(※特に日頃、丼ものや麺の単品料理が多い方)





糖質に依存しない食生活をつくっておくと

日頃からコントロールしやすくて便利です☆




『甘いものがないと生きていけない><』

『毎食炭水化物を山盛り食べたい!!』

と炭水化物から逃れられない方へ朗報です♪

この調整は糖質依存から脱するのにも有効です^^




舌や思考、体質から根こそぎ変えたい!という方は

もっとストイックにやる方法や荒療治な方法もありますので

興味のある方はSAORIまで☆^^☆






食事管理の習慣ができている方はおのずと

野菜&たんぱく質中心メニューに

プラス少しの炭水化物

というバランスを保てているように思います。


(↑日常の活動・運動量によります)




自然とできる、自分でできるというのが最終目標ですが

最初は頼れる人は頼って相談しながら

周りを巻き込みながらでも

やってみる価値はありますよ^^







最後に注意点としましては・・・

糖質オフ生活が流行ったことがありますが

基本的に糖質(炭水化物)は生きる上で必要な栄養素です。




ずーっと食べないというのは

逆に体を壊す原因になりかねません><


極端に考えすぎず

あくまで一時的な”調整”と捉えて実践してくださいませ♪






余談ですが、、、


日本人は米を主食としていますね。

「気」という字の旧字体は「氣」と書きます。

米から「気」となるエネルギーをもらっていたと

昔から信じられていたという話もあります^^


それくらい日本人とお米の関係は

切っても切れない文化なのです☆




さらに余談ですが、、、

私も食事管理だけで

2ヶ月で-3kgできました~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました