栄養コラム28【デスクワークで最近体型が気になるあなたへ~甘いものと付き合うコツ~】

日々デスクワークの仕事で

一日の運動量が少ないけど

間食でついついお菓子に手が伸びちゃう方向けへ

書いてみたいと思います^^




デスクワークで体を動かさなくても

脳はフル回転!していたり

ストレスを感じることがあったりしますよね。




そうすると脳は

「糖がほしい!糖を補給しろ!!」

と命令してきます。






その命令のままに

チョコとかクッキーとかをつまんでいると

あれ?最近制服がキツイ・・・(^^;

という事態に><





『結局、我慢すればいいんでしょ?』

と思われるかもしれませんが

実はそれも少し違います。





甘いものや炭水化物を

極度に制限する日々が続くと・・・

大きなストレスがかかったときや

お酒が入って自制がきかなくなったときに

大爆発!!!する危険性があるのです。





ワタクシSAORIもやらかしてきた経験があります(^^;





極度の糖質&脂質の制限

↓↓↓↓↓

仕事でのストレス

↓↓↓↓↓

飲み会で!!大爆発!!

↓↓↓↓↓

自暴自棄による暴飲暴食

↓↓↓↓↓

糖質&グルテン中毒による過食

↓↓↓↓↓

リバウンド~><





今思えば、過食までならずとも

止められた瞬間ってありましたね、と反省(^^;





この時はメンタルも大きくやられていたので

この流れになるのはあっという間でした。




本当に人によって

何が爆発するトリガーポイント(きっかけ)に

なるのかわかりませんので

そもそもそういった原因をつくらないのは

長い目で見たときに大切なポイントになります☆






また、脳には【報酬系】という神経回路があります。

いわゆる快楽を感じるのです。

はじめて食べ放題や豪華な料理を食べた時を

思い出してみてください^^

とてつもない快楽があったはずです。






この報酬系が一種の依存状態になると

太ることはわかっているけど食べたい!

甘いものが食べたい!

我慢できない!!という状態になってしまうのです。







特に脂肪はもっともカロリーが高く

効果的にエネルギーが確保できることから

脳にとって強烈な報酬系となります。






口の中にうまみの広がるジューシーなお肉やお魚料理

生クリームたっぷりのケーキは

強烈な快楽が脳に焼き付くため

「もう一度食べたい!」と欲求が再燃しやすくなります。








脳の記憶は約1~2週間、短期記憶として保存されるため

1~2週間以内にまた食べたくなってしまいます。








高脂肪のものを食べたら

せめて1週間だけでも

脂肪の多い食事や過食を控えることで

繰り返しの欲求を鎮めることができます。







一生我慢!となるとキツイですが

『1週間は低脂肪のものに置き換える』

と考えてみてはいかがでしょうか?^^






人間、ゴールが見えないと

モチベーションもあがりませんし

修行のように感じますよね(^^;

そして実際、食べた後も罪悪感がハンパないです><






おやつもやめる!を選択する前に

できることが実はいくつかあります^^






潔くやめられる方は

そのまま続けましょう!





しかし、続かない・・・とお悩みの方は

下記の方法を試してみてはいかがでしょうか?




<ご飯をしっかり食べる>

おやつがほしくなるのは

食事で補給される糖が少ないせいかもしれません。

おやつを食べる前にまず

ごはんの量を見直しましょう^^




<ノンオイルドレッシングではなくオンオイルに変える>

ダイエットとなるとノンオイルがいいとされますが

油は消化に時間がかかるため腹持ちが良いです。

ダイエットで油を極端に排除する方がいますが

すぐお腹がすいてしまうのであれば

ドレッシングをオイルのものにあえて変えてみるのも

長く体と向き合っていくための一つの方法だと思います。




<温かい汁物をとる>

温かいものを摂ると食欲が落ち着きやすいです。

白湯はカロリーもないですし

内臓から温まるので

体温が低めな方はぜひ習慣にされてください!




<こまめに歯磨きをする>

歯磨きをすると食欲が減退しやすいです。

夜遅くなど歯磨きでしのぐのも

一つのテクニックです☆



<最初の5分我慢する>

本当にお腹がすいたときと

口さみしさや習慣から

小腹が空いた気がしてしまうことがあります。

『何か食べたいかも』と感じてからの最初の5分!

仕事に集中したり 体を動かしたりすると

意外と気にならなくなりますよ^^




<姿勢よく座る>

姿勢よく座ることで使うべき筋肉が働き

それだけでエネルギーを消費するだけでなく

内臓が正常な位置にあることで

食べすぎなども防いでくれます。


食事中に意識されると良いポイントですね♪




<おやつの質をあげる>

手軽につまめる一口チョコ
↓↓↓
チョコレート専門店のちょっといいチョコ


…のように値段を上げて買う頻度を少なくしたり

質のいいものは、甘味料にもこだわって作られていたりするので

結果的に体にやさしいおやつだったりします☆





<甘い飲み物に注意>

実は一口のチョコレートよりも

甘い飲み物の方が意外とカロリーが高かったり

間食とは考えず、気にせず飲んでいたりと

甘いカフェラテなど盲点になっている方がいます。

おやつを食べときは緑茶やハーブティー、ブラックコーヒーと

合わせるようにすると、おやつの甘味も引き立ってオススメです^^






これならできそう!と思えるものがありましたか???



自然とたべなくなった!

ほしいと思わなくなった!

と習慣・思考が変わっていくと

体型も少しずつ変化が出てくると思います。





最後に、私のあこがれている人が大切にされている言葉を

ご紹介します^^




【心が変われば 体も変わる

体が変われば 心も変わる】





心と体と頭は密接に関わりあっています。

どこかを無視することは難しいです><

バランスがとれる方法を選択していくと

習慣化しやすいですね( ´艸`)






最後に皆さんに2点質問です!


【Q1】おやつを控えているときに差し入れをいただいたらどうしますか?


好意も無下にできないので食べますか?

それとも一度決めたら曲げない!と、頑なに拒否しますか?

他に実践している方法がありますか?





【Q2】毎日のちょこちょこ食べ vs 週一のスイーツ
どちらがダイエットにはオススメでしょう?


例えば、毎日絶対一口チョコレートを2~3個食べるのか

週1にケーキを1つ食べるのか


実際悩まれている方もいるかもしれませんね!?

”これが答えです”というのはおこがましいので

次回『ご提案』という形で対応方法をご紹介します^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました