栄養コラム27【*40代以上の女性も必見!*コレステロール値と女性ホルモンの関係。ついでにお腹周りも気になる方へ~脂質と上手な付き合い方~】

『糖質、脂質等によって

体の代謝経路が異なるため

脂肪のつきやすい部位が変わります。』




・・・と前回お話したところで終わっていましたね!







糖質、たんぱく質

小腸で吸収されると

↓↓↓↓↓

門脈を通り

↓↓↓↓↓

肝臓を通ってから

↓↓↓↓↓

全身に供給されます。








一方、脂質

小腸で吸収された後

↓↓↓↓↓

リンパ管を通り

↓↓↓↓↓

鎖骨下静脈に入り

↓↓↓↓↓

心臓から

↓↓↓↓↓

全身へ運ばれます。








肝臓がエネルギーの貯蔵庫の一つであることは

以前お話ししました。





では、なぜ脂質の代謝経路は

心臓を通るようにできているのでしょう???













答えは簡単です!


心臓はもっとも持久力が必要な筋肉です。


心臓が止まれば死んでしまうので

脂質を摂ったらいち早く!

エネルギーが供給されるように

心臓に届けられるようになっています。



生き残るために非常に効率が良い仕組みというわけです^^





この代謝経路の違いから


糖質は肝臓が近い”お腹周り”にぜい肉が付きやすく


脂質は腕まわりなど上半身を中心につきやすい傾向にあります。





ただし、人によって姿勢や筋肉の付き方が違うため

(エネルギーを多く消費する場所が異なるということ)

一概には言えませんが

どちらも食べすぎは間違いなく身になります(^^;



(脂質よりも糖質の方が

優先的にエネルギーとして使われるので

脂質は特に摂りすぎ注意です)





下半身に脂肪がつきやすいという方は

座りっぱなしの仕事もしくは

立ちっぱなしの仕事であることが多く

筋肉の大きな動きがないために

血流やリンパの流れが滞ることで

太ももを中心に脂肪が蓄積しやすくなります。









ところで、『脂質』というと

=(イコール)コレステロール と思い浮かぶかもしれません。



コレステロールって健康診断で指摘されるし

なんだか避けた方がいいものという

イメージが強いかもしれませんね(^^;





では、そもそもコレステロールってなんなのか?

みていきたいと思います^^



コレステロール等の脂質は

体の細胞膜を形成してくれる

なくてはならない存在です☆


ダイエットで脂質を減らしすぎたりすると

肌が荒れてしまうのも

細胞膜の材料不足が一因としてあげられます。







コレステロールにも

”善玉”と”悪玉”といわれる2種類があるのは

みなさんご存知だと思います。





善玉(HDL)、悪玉(LDL)と区別はされますが

悪玉は悪いものなのかというと

やはりそうも言いきれません。





そもそも食べるコレステロールには善悪はなく

善悪と分けられているのは

『脂質を運搬するトラックの違い』

とイメージされてください。





悪玉(LDL)コレステロール・・・脂質を体脂肪に運搬


善玉(HDL)コレステロール・・・逆に回収して代謝





体内での脂質の運び方に違いがあり

脂質を体脂肪に運搬してしまうことから

”悪玉”といわれるのです。







一方、コレステロールは

ホルモンにかかわる重要な働きをしています。






特に悪玉(LDL)コレステロールと

女性ホルモンのエストロゲンの値には

深い関係があるといわれています。






女性が更年期になり

エストロゲンが少なくなってくると

LDLコレステロール値が勝手に上がってきます。






といいますのも、

エストロゲンはLDLコレステロールが

過不足なく円滑に働くためのサポーターなのです。






このため、若い女性は男性よりも

脂質異常を発症することが少ないのです。








また、<薬を届ける運び屋>という一面も持っています。

なにかしら薬を服用している方は

コレステロール数値が高くなりやすい傾向にあります。





特に先ほどお話ししましたホルモンに関する薬(経口避妊薬など)を

服用している方はその影響を受けやすいです。





『LDLコレステロールは増えると

血管の壁にひっかかり酸化して

血管の壁を狭めてしまう』

という話を聞いたことはないですか?


そして『善玉がその掃除をしてくれる』と。



そういう側面も確かにあるともいわれます。






ダイエットを意識されている方

健康診断でLDLコレステロール値が高いといわれた方

年齢的にLDLが高くなってきた方 などなど


善玉(HDL)コレステロールの増やし方が知りたいですよね!?






善玉は運動することで増えます^^



毎日少しでも運動することで

肝臓で善玉(HDL)コレステロールがつくられて

体脂肪の回収率があがるのです!




運動頻度を増やすことで

消費エネルギーが増えるだけではなく

善玉が増え、体脂肪の燃焼率が上がり

体脂肪の減少へとつながります☆







もうひとつ!

コレステロールを体に溜めすぎない方法が

食事方法であります!!




コレステロールは

食べたものに含まれる[食事性コレステロール]と

元々持っている【体内のコレステロール】

の二つが存在します。





この二つ、実は

どちらかが増えればどちらかが減るように

調整されています。





焼肉や揚げ物などの脂質が体内に入ってくると

胆汁が包み込んで一緒に体内へ吸収されます。

(※胆汁もコレステロールの一種)

これを「腸肝循環」といいます。




食物繊維はコレステロールを吸着する働きがあるため

胆汁が食物繊維に吸着され再吸収されず

そのまま排泄されます。





食物繊維を摂ると

血糖値が上がりにくく

コレステロールも吸着して排泄してくれるなんて(★v★)

良いことづくめですね( ´艸`)♪





最後に、運動されている方、

スポーツをされているお子さんをもつ方向けに

脂質を摂るポイントを一つお伝えします!





運動1時間前に脂質をとっておくと持久力UPします!





脂質は消化管の運動を抑制し

依滞留時間が延長するため

消化吸収に時間がかかります。

ゆえに腹持ちがいいともいえます。




試合や大会前はもちろんのこと

普段の練習から食事のトレーニングとして

活用されるのもいいですね^^




脂質も体には必要な栄養素の一つです☆

1、こまめに運動する

2、食物繊維を摂る

この2点を意識しながら

食事を楽しんでいきましょー♪^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました