栄養コラム17【良く寝る女性は○○が育つ】

三大欲求の一つでもある”睡眠”




体に必要なことだから、、、以外にも

質の良い睡眠は美容にもうれしい効果が満載です!




☆骨密度をふやす

☆皮膚のハリを保つ

☆しわを減らす

☆脂肪を減らす

などなど


アンチエイジングには欠かせない

【成長ホルモン】が睡眠時に最も多く分泌されます!





この成長ホルモンは

30歳前後から分泌量が減っていくため

質の良い睡眠をとり

少しでも分泌を高めることが不可欠!ともいえます。




筋トレで傷ついた筋肉も

寝ている間に修復され

結果的に代謝UPし

ダイエットにもつながりやすいですね^^




成長ホルモンは特に多く分泌されるのは

最も眠りの深いノンレム睡眠時。


もっと詳しくいうと

「眠りはじめの3時間」です。




この時間に1日に分泌される成長ホルモンの

7~8割は分泌される
といわれています。




<眠りはじめの3時間にしっかり寝る>

というのがポイントになりますので



ソファやこたつで寝落ちしたり

飲酒してそのまま寝ていたりしないよう

『心地よく眠れる環境から整えておく』

というのも外せませんね^^





ちなみに成長ホルモンは

空腹時に分泌されやすいので


「寝る前2~3時間前には

食事を終えておくのが理想」


といわれるのは これも一つの理由です。



少なくとも、おなかいっぱいの状態で

寝ることは避けておくのが良いでしょう。





寝ることがこんなにも良いことがたくさん☆

ということは

寝不足や眠りが浅くなると

今度は不調となって表れてきます。





美容関係でいうと

”基礎代謝”にも影響します。




全身の細胞の時計遺伝子に誤差が生じ

代謝の連携がうまくいかなくなるためです。




また、いびきや無呼吸症候群で

十分な酸素が補給できない場合にも

代謝が悪くなり痩せにくくなったり

血糖値があがりやすくなったりします。





それに加えて

「寝不足の状態にあると

ショ糖を多く含む食べ物を摂取したくなる」

という研究結果も筑波大学より出されています。



<睡眠不足になると甘いものが欲しくなる>

ということです。



良く寝ていれば不要だったかもしれない

甘いものを欲してしまうというのは

ダイエットからみると非効率ですよね><



甘いものが無性に欲しくなる!!

という方は、意外と睡眠時間を確保することで

解消されるかもしれませんよ^^




タイトルの「良く寝る女性は○○が育つ」の

答え合わせです!



7~8時間 質の良い睡眠がとれている方は

肌や髪、ツメにツヤをまといやすい☆
(注:栄養状態にもよります)


成長ホルモンの作用から

筋肉や胸、身長も育ちやすい☆


自律神経が安定し

メンタルも安定しやすい☆ です。




今まで睡眠不足を中心に書いてきましたが

次回は”寝すぎ”についても見ていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました